Blog

松尾芭蕉が『奥の細道』の旅を終えた岐阜県大垣市の記念館を巡ろう(進行:橋本麻里)【ニコニコ美術館】

関連書籍はこちらから購入いただけます

【番組概要】
岐阜県南西部に位置する大垣市は、古くから交通の要衝として栄えてきました。
なかでも、日本が世界に誇る俳人松尾芭蕉との縁が深く、
俳諧紀行『奥の細道』のむすびの地として知られています。
その大垣市に整備された奥の細道むすびの地記念館は、令和4年4月に開館10周年を迎えます。

番組では、奥の細道むすびの地記念館10周年記念事業として、
記念館の展示を通して芭蕉と『奥の細道』の魅力をお伝えします。

【出演者】
佐藤勝明(和洋女子大学教授、奥の細道むすびの地記念館総合監修者)
橋本麻里(ライター・エディター、公益財団法人永青文庫副館長) 

初めに、ゆかりの資料やジオラマなどが展示してある芭蕉館を巡り、
『奥の細道』を深く読み解きます。

次に、開催中の第32回企画展「芭蕉の時代~俳諧好き大集合~」をご紹介します。
松永貞徳や西山宗因らが活躍した江戸時代初めの頃から、
松尾芭蕉の時代までの各俳人の真筆作品を鑑賞し、
人びとの間で流行した俳諧文化に触れていきます。

江戸時代の社会に深く根差した俳諧文化と俳人たちの作品をぜひご堪能ください。

橋本麻里氏を進行役に、
和洋女子大学教授で奥の細道むすびの地記念館総合監修者でもある佐藤勝明氏と
記念館学芸員が出演します。

関連書籍はこちらから購入いただけます

関連商品一覧